スロバキアのお酒(蒸留酒)

 スロバキアのお酒と言えばビールやワインも有名ですが、スロバキア人はウォッカなどの蒸留酒をよく飲み、その種類も豊富です😀。

 今回はスロバキアの蒸留酒(スピリッツ)について、ご紹介します。

スロバキア人の飲み方

 日本では蒸留酒でカクテルを作って飲むことが多いですが、スロバキア人はもっぱら、ビールをチェイサーに、蒸留酒をショットでぐいっと飲みます。

 喉がカーっとして、一気にアルコールがまわるので私は苦手です😂。カクテルのあるような店では空気を読まずにカクテルを注文しますが、ローカルなパブなどではカクテルのないところがほとんどです😂。

スーパーでもウォッカがずらり

 女性も蒸留酒をグイグイ飲んでいるのを見ると、本当に皆さんお酒に強いのがわかります😲。ビールをゆっくり飲んでいても酔っぱらえないようです。

お酒コーナーです

 それもあってか、スロバキアにはオリジナルの伝統的な蒸留酒がいくつかあります。

スロバキアの蒸留酒

ボロビチカ( Borovička )

ボロビチカです

 スロバキアのお酒と言えば、なんと言ってもボロビチカです😀。

 ボロビチカは、ジュニパーというヨーロッパの松ような針葉樹の実から造られます。ものによりますがアルコール度数はおよそ40%、無色のもがほとんどです。

 蒸留酒の代表であるジンもジュニパーの実から造られていることもあり、味はジンに似ていると言われていて、確かに、苦くてすっきりした味わいです。

 ボロビチカは別名“森の復讐”と呼ばれていて、調子に乗って飲むと二日酔いになりやすいお酒です。ですが、スロバキアに来たからには一度は試してみてはいかがでしょうか😂。

タトラティー(TATRA TEA)

タトラティーです

 続いて紹介するのはタトラティー。ティーと言ってもお茶ではなく、ガチガチのお酒です。

 スロバキアのタトラ山脈のあたりに住んでいた人々がハーブティーとお酒を混ぜたものをのんで温まっていたことからこの名が付いたとされています☕。

 タトラティーはお茶やハーブをベースに造られており、いろいろな種類があります。アルコール度数も、17%~72%と、幅広いラインナップです。

 アルコール度数の低いものは私でも飲みやすく、カフェなどではタトラティーを使った甘いカクテルを作っているところもあります🍸。

ボトルがおしゃれです

 タトラティーのおすすめポイントはそのボトルです。スタイリッシュでかわいらしいデザイン。さらに、小さなボトルも販売されていて、お土産にぴったりです😄。

スリヴォヴィツァ( Slivovica )

スリヴォヴィツァです

 スリヴォヴィツァはプラムのお酒です。フルーティーで飲みやすいですが、アルコール度数は40~50%前後で、意外に高いです😲。

いろいろなフルーツがあります

 プラムの他にも洋梨やブルーベリー、ラズベリーなど、様々なフルーツの蒸留酒があります🍒。瓶の中にフルーツがころんとはいっているものもあり、見た目にもかわいらしいです。

 アルコールの感じが苦手な方でも飲みやすいかと思います。

デマノウカ( Demänovka )

デマノウカです

 デマノウカは1960年頃からスロバキアで造られている、ハーブのお酒です。14種類ものハーブとはちみつ、タトラ山の綺麗な水を使い、半年以上の時間をかけてゆっくりと 造られています。

 若い人はあまり飲まないですが、風邪の時に温めたデマノウカを飲むと良いと言われています😌。

カルパツケーブランデー( Karpatské brandy )

カルパツケーブランデーです

 ブランデーがお好きな方にはカルパツケーブランデーがおすすめです。

 私は飲んだことがない&詳しくないのでわかりませんが、ドライフルーツとチョコレートのような風味がするようです😌。

日本にはないお酒を試してみては

 スロバキアはビールやワインも美味しく、有名ですが、せっかくなら、日本では手に入らないようなお酒を試してみるのも良いのではないでしょうか。

 蒸留酒なら、1本買えばみんなで楽しむことができます😊。

 スロバキア滞在中に楽しむのはもちろん、お気に入りの一本を日本に持ち帰ってみんなでスロバキアの味を楽しんでください😄。

2 Comments

Add a Comment

Your email address will not be published.